相続登記とは?

相続登記手続きとは、亡くなった人の不動産を、承継する相続人の名義に変更する手続き、のことをいいます。

謄本
謄本2
↑赤枠部分を拡大したもの

写真のように法務局では、その不動産は誰が所有しているかなどの情報を記録しており、これらの情報は自動で変更されるものではないので、法務局に内容変更の申請をする必要があります。
上の写真では、法務五郎さんが、所有者となっているので、相続人に変更する申請をします。

それでは、相続を原因として、不動産登記簿に記録されている所有者を変更する費用には、どのような費用があるのでしょうか?

相続登記の費用

相続登記で必要な費用は、大きく分けて次の3つです。

相続登記の費用

必要書類の費用:3000円~1万円
登記申請に必要な費用:不動産評価額の0.4%
司法書士の報酬: 6万円~15万円
*司法書士の報酬は、必ず必要なものではありません。

必要書類の費用

相続登記の申請をする際には、相続登記に必要な書類を準備する必要があります。
具体的に相続登記で必要なる書類は、次のようなものがあります。

必要な書類

名寄帳:300円
評価証明書:200~300円
不動産登記簿謄本:600円
戸籍謄本:450~750円
住民票の除票:200~400円
戸籍の附票:200~400円
印鑑証明書:200~400円
※それぞれ1通当たりの価格

このように、ほとんどの金額が1000円以下なので、相続登記をするために必要な書類は、全て合計して、3000円~1万円ほどですむことが多いです。ただし、相続人がたくさんいたり、所有している不動産の個数が余りにも多い場合は、戸籍謄本代や登記簿謄本代なども多くなるため、1万円以上になることもあります。

登記申請に必要な費用

相続登記を申請する際には、登録免許税が必要です。
相続登記をする不動産の評価額の0.4%が登録免許税となり、法務局へ納付することになります。

例えば、評価額の1200万円の土地と800万円の建物を相続する場合、2000万円×0.4%=8万円が登録免許税となります。

(評価証明書の写真)

司法書士の報酬

相続登記を司法書士が行う場合、司法書士に支払う費用が必要となります。
相場は、相続をする不動産の個数や評価額、相続人の人数などによって変動するため、一概には言えないですが、次の金額が相場です。

司法書士の報酬相場

相続登記の申請のみ:5万円~9万円
相続登記+遺産分割協議書の作成:7万円~11万円
相続登記+戸籍謄本収集代行:7万円~11万円
相続登記+遺産分割協議書の作成+戸籍謄本収集代行9万円~15万円

戸籍謄本の回収は、亡くなった方(被相続人)の本籍地が出生から変更なければ、戸籍謄本の取得にそれほど苦労しないかもしれませんが、何度も本籍地が変更している場合、その当時の本籍地の役所に戸籍謄本を取得する必要があるため、労力を要するかもしれません。

相続登記の費用は誰が支払うの?

相続登記の費用を支払わないといけない人というのは、法律では決まってはおりません。ですので、相続人間で話し合って決めるのが一般的です。
ただし、登記費用の負担は次のように負担することがケースとしては多いです。

相続登記費用を負担する人

不動産を相続し売却する場合:相続人全員で負担
売却せず特定の人が相続する場合:相続する人が負担

相続登記を司法書士に依頼するメリット・デメリット

相続登記を司法書士に依頼する場合のデメリットとしては、司法書士報酬6万円~15万円を支払わないといけないという点があるかと思います。
それ以外にデメリットは無いように思います。

司法書士に依頼する場合のメリットとしては、次のようなものがあります。

司法書士に依頼するメリット

時間・労力をかけなくて済む
相続登記の勉強をしなくて済む
法務局・役所への移動などが少なく済む

まとめ

相続登記をする際には、大きく3つの費用が必要でした。
(必要書類の費用、登記申請に必要な費用、司法書士の報酬)
それぞれの費用は、決して安いものではないですが、相続登記を早い段階で終わらせておくことが、将来的に考えてメリットは大きいです。
是非、この機会に検討されてください。

 

相続でお悩みの方は

幸せ家族相続センターへご相談下さい。

 

初回相談無料!

メールでお問い合わせ