相続人間で遺産をどのように分けていくか、話がなかなか進まないと裁判手続きを利用したほうがいいのか迷う時があります。

この記事では、遺産分割について裁判手続きの利用を考えられている方が、裁判手続きをする前に、裁判手続きの効果、メリットデメリット等をお伝えさせて頂きます。

遺産分割の裁判手続き

遺産分割協議が相続人間だけでは進まない場合、裁判所を利用して話し合いを進めていくことができます。

そして、裁判所を利用してできる遺産分割の手続きには、「遺産分割調停」「遺産分割審判」というものがあります。

それぞれ特徴やどのようなときに利用すればいいか、注意点はどういった所があるのでしょうか?

遺産分割調停、審判の目的とは?

「遺産分割調停」と「遺産分割審判」は、どのような手続きなのでしょうか?
それぞれの手続きの目的は、次の通りです。

手続きの目的

調停:当事者が自主的に解決していく
審判:遺産分割を裁判官の判断で決定していく

「遺産分割調停」は、当事者間の話し合いで遺産をどのように分割していくかを決めていき、そこに裁判所の調停委員会の人たちの客観的な意見などを交えて合意に至るようにしていきます。

一方「遺産分割審判」は、裁判官が進行の指揮をとって進めていき、当事者からの主張、証拠をもとに裁判官が分割方法を決定していきます。

遺産分割調停、審判手続きについては、こちらの記事で詳しく記載しておりますのでこちらの記事をご参考下さい。
遺産分割調停手続きの流れ
遺産分割審判手続きの流れ

遺産分割は当事者間でした方がいいの?

裁判所の手続きを利用されるかどうかで悩まれる理由として多いのが次のような理由になります。

調停、審判の懸念点

・遺産分割協議を裁判所を通すことで関係が悪化してしまう
・分割方法が不利な内容になる恐れがある

残念ながら上記の点については、それぞれ事案によって事情が異なってきますので一概には言えません。

ただし、遺産分割調停などを行っていくことで、こう着状態であった遺産分割が進んでいく可能性もあります。

上記の懸念点があるかもしれませんが、次のような方は遺産分割調停、審判手続きの利用を検討頂きたい方々です。

調停を検討する時期

・遺産分割の協議が長期にわたってこう着状態である
・遺産分割協議が紛争状態になっており、当事者間だけの協議では見込みがない
・相続人の相手方が話し合いに応じない

調停、審判手続きを行うことで話し合いが進んでいく可能性もあります。

次に遺産分割調停、審判を行った場合のメリット・デメリットをお伝えします。

遺産分割調停、審判のメリット

遺産分割調停、審判手続きのメリットをお伝えします。

メリット

・遺産分割方法の内容が決定する
・裁判所から客観的な意見が聞ける
・遺産分割方法が決定し、後々の世代に迷惑をかけないで済む
・裁判所を利用することで円満に話し合いで解決する可能性がある

・遺産分割方法の内容が決定する

遺産分割調停を経て、遺産分割審判手続きに入った場合、遺産分割審判では、裁判所が分割方法を決定してくれるので、どのように分割していくかの決着をつけることができます。
そのため、長期間、協議がこう着状態で分割方法を決定したい場合、有効な方法と言えます。

・裁判所から客観的な意見が聞ける

遺産分割調停の手続きを行うことで、調停委員会の客観的な意見や法的な根拠に基づいた意見を聞くことができます。これにより当事者間だけでは受け入れられなかった話も進んでいく可能性があります。

・遺産分割方法が決定し、後々の世代に迷惑をかけないで済む

遺産分割の方法が決定しないせずに、当事者が死亡してしまった場合、その遺産について当事者の相続人たちが協議して分割方法を決定していく必要があるので、負担を子供たちに負わせてしまう可能性があります。
分割方法を決定しておけば、その話し合いを子供たちがする必要が無くなります。

・裁判所を利用することで円満に話し合いで解決する可能性がある

相続人間だけでは、平行線だった協議が裁判所の人もふまえて話を進めていくことで、話し合いがまとまることもあります。

遺産分割調停、審判のデメリット

デメリット

・相続人間での関係が不仲になる可能性がある
・弁護士費用などがかさむ可能性がある
・遺産の分割方法が納得いかない結果になる可能性がある

・相続人間での関係が不仲になる可能性がある

遺産分割調停、審判を行うことで、相続人間だけの協議の時には、良好な家族関係であったものが、感情的になったり、精神的な疲労により、揉めてしまう可能性があります。

反対に、遺産分割調停、審判を利用し、裁判所という中立公正な機関を利用し、意見を聞くことで良好な関係になることもございます。

もちろん、遺産分割調停、審判などの手続きを利用したからと言って、必ず家族関係が悪化する良好な関係になるというわけではありませんが、裁判所を通していくことでそのような可能性があることは心得ておく必要があると思います。

・弁護士費用などがかさむ可能性がある

遺産分割について調停、審判手続きを経ていった場合、実費のみであれば1,2万円もしませんが、弁護士、司法書士などに手続きを依頼した場合、専門家の費用が必要となり、手続きが長期化した場合、費用がかさむ可能性があります。
実際に実費や専門家報酬などの費用がどれほどかかるかについては次の記事をご参考下さい。

遺産分割調停、審判に必要な費用(実費、弁護士、司法書士費用)

・遺産の分割方法が納得いかない結果になる可能性がある

最終的に遺産の分割方法が決定した場合、その内容が申立人が望んでいたような結果にならない可能性もあります。
申立をするにあたっては、そのようなことがある点については、注意をしておきましょう。

進め方の注意点

納得のいく分割方法にするための対策

マナー、礼節を守る

マナー、礼節など守らず、心象が悪くなるような行為をすれば、相手方の同意を得て遺産の分割方法の合意をとるのは難しくなっていきます。
また、裁判官、調停委員も人間ですので、心証が悪くなれば、その分、遺産分割方法の結果に悪影響を及ぼす可能性があります。

心象の悪くなる行為の一例

・感情的な言動ばかりを繰り返す
・清潔感のない裁判所にあわない服装で参加する
・横柄な態度をとる

相続財産など正直に話す

相手方が知らない相続財産があることを知っていて、そのことを隠したり、嘘をつくようなことはやめておきましょう。

後々に、財産目録などを提出する際などに、財産の事を知っていて隠していたこと、嘘をついていた場合、相手や裁判官に悪い心証を抱かれる可能性があります。

遺産分割調停、審判を行う際は、正直に物事を話していきましょう。

遠慮せず自分の主張を伝える

お金のことなどをどのくらい欲しいかなどを伝えるのは、不謹慎だ、恥ずかしい、言いにくいということがあるかもしれませんが、裁判所が自分の意見を汲み取って、「このくらいの割合で分割していきましょうか」というようなことを言ってくれることはありません。

当事者の意見を汲み取れなければ、裁判所の方も合意形成をしていくのは難しいので、自分の主張は、はっきりと伝えていきましょう。

主張する根拠の書類がある、根拠を言える

親の住宅ローンを代わりに支払っていた、要介護が必要な親の世話をしてきたなど、寄与分など自分の権利を主張する場合は、その根拠となる書類などを準備し、主張する根拠を言えるようにしておきましょう。

そうすることで、主張する内容に説得力もつきますし、その主張内容を取り入れた分割結果になる可能性があります。

関係を悪化させないための工夫

感情的にならない、相手を責めない

遺産をどのように分割していくのかを決めていく場合、どうしても相手の言い分が理解できなかったり、相手が悪いように思えます。
ただし、それは相手も同じように思っている可能性があります。

相手には相手の考え方があるので、自分が一方的に正しいと思わず、相手の考えも理解することが重要です。

そのような気持ちでいることで、分割協議の際は、冷静な気持ちで協議をすることができ、当事者が円満な分割をすることができる可能性があります。

調停を始める前に、裁判手続きをとることを相手に伝えておく

遺産分割調停の手続きを始める際に事前に相手方に伝えておくことで相手方側は不意打ちを食らわないで、冷静に手続きを進めていくことができます。

ですので、相手との関係を考慮するのであれば、事前に手続きをするのも一つの方法です。

相手の言い分をしっかりと聴く

自分の主張が正しいと決めつけ、相手の主張を遮ったり、聞く耳を持たずに進めていくのではなく、思い込みをもたずに相手の言い分をしっかりと把握していくことが遺産分割を円満に進めていくポイントとなります。

また相手の話をしっかりと聴く姿勢が、しっかり聴いてくれていると、相手の心証にもいい影響を及ぼすこともあります。

まとめ

遺産分割協議を裁判手続きを利用して進めていくかのポイントを伝えていきましたが、参考になりましたでしょうか?

遺産分割調停、遺産分割審判を行うことで生まれるメリット・デメリットがありますが、当事者間だけでの遺産分割協議では進んでいかない場合、有効な方法の一つと言えます。

遺産分割調停、審判などのご相談については幸せ家族相続センターへご相談下さい。

 

相続でお悩みの方は

幸せ家族相続センターへご相談下さい。

 

初回相談無料!

メールでお問い合わせ