お墓には、様々な種類のお墓が存在します。

この記事では、お墓にはどのような種類のものがあり、どのような特徴があるのかをお伝えします。

永代供養とは?

まず、お墓の種類をお伝えする前に、永代供養についてお話します。

供養方法

・一般的な供養…親族などが管理・供養を行う
・永代供養…寺院、霊園などが管理・供養を行う

永代供養とは、寺院・霊園等が永代に渡って供養をするサービスが付いたお墓のことを言います。

そのため、継承者がいない状態で、お亡くなりになられても、寺院・霊園が供養して頂けるのでお墓の管理について心配する必要がありません。

ただし永代供養と言っても、期限無く永遠に供養をして頂けるという訳ではありません。

供養を行っている寺院、霊園などによって期間は異なりますが、一般的には、33回忌までとする寺院、霊園が多く、その他にも17回忌、50回忌までと寺院、霊園によって期間はそれぞれです。

「永代使用」とは意味が異なりますので、ご注意下さい。

永代使用とは、永代使用料を払ってお墓の権利を取得し、その土地を永代にわたって使用することを言います。

期間を経過すると骨壺から焼骨を取り出し、他の人のご遺骨と一緒に埋葬され、他の遺骨とともに供養をされます。

永代供養のメリット・デメリット

永代供養のメリットデメリットをお伝えします。

メリット

・お墓の承継者がいなくても問題ない
・宗旨や宗派を問わない

永代供養の大きなメリットとしては、承継者の心配をする必要が無いという点ですね。
また、浄土真宗など永代供養という考え方が合わない宗派もありますが、基本的には永代供養は宗派に関わらず行うことができます。

デメリット

・合祀後は遺骨を取り出せなくなる

永代供養では、一定期間を過ぎると、骨壺から焼骨を取り出し、他の人のご遺骨と一緒に埋葬される「合祀」をされる寺院・霊園が多いです。

そのため、一定期間を過ぎてしまうと、遺骨を取り出したり、移動することができなくなります。

最初から、「合祀」で埋葬されている方も同様に、遺骨の取り出し、移動をすることはできません。

お墓の種類によっては、この永代供養がついているものもあります。

それでは、お墓にはどのようなものがあるのでしょうか?

一般墓

一般墓

特徴

一般墓とは、写真のようなお墓のことをいい、日本の伝統的なお墓です。

割り振られた区間を自由に利用することができるので、伝統的なお墓はもちろん、個性的なデザインのお墓も建てることができます。

ただし、デザイン性あるお墓は墓地や霊園によって規約による制限はあるので、建てられる前に確認しておく必要があります。

また、「家」単位で利用されるお墓なので代々、子孫へ引き継いでいくことができ、管理費を支払っている限り永続的に使用することができます。

一般墓の墓石の形

現在多様な形の墓石が増えてきています。どのような形の墓石があるのでしょうか?

和形墓石

和形墓石

日本人にとってなじみのあるお墓の形が和型墓石です。

和型墓石のメリットとしては、日本人に親しまれているお墓の形ですので、ご家族や親族の方から受け入れやすい点があります。

また建てる場所についても、和型のお墓の場合は制限がないことが多いのも特徴です。

洋型墓石

洋型墓石

洋型墓石は、和型墓石に比べて墓石の高さが低いのが特徴で、掃除なども比較的楽に行えます。

また、高さが低いため石材の量も抑えることができ、リーズナブルに施工することが可能です。

和形墓石と比べてより個性的なデザインにすることもできます。

デザイン墓石

デザイン墓石とは、純和型でも、純洋型でもない、独自のデザインの墓石の事をいいます。

デザイン墓石には、既製品と、オーダーメイド品があり、オーダーメイド品となると自分の好みに合ったデザインのお墓を作ることもできます。

また墓石用の石だけでなく、ガラスと石を組み合わせたものもございます。

ただし、墓地や霊園の規約によっては、デザイン墓石を建てられないこともありますので、管理者への確認が必要です。

メリット・デメリット

一般墓のメリットデメリットは次の通りです。

メリット

・個人の墓石のデザインを自由に楽しむことができます。
・管理費を支払っている限り永続的に使用することができる
・収める遺骨数に制限がない
・先祖代々の供養、お墓参りができます。

デメリット

・お墓を建てるので費用がかかり、管理費もかかります。
・草むしりや掃除など管理の手間がかかります。
・お墓の承継者を見つける必要がある
・お墓の後継ぎがいなくなった場合、無縁仏になる可能性があります。

値段

一般墓の相場は次のような金額になっております。

一般墓 約100万円~200万円
管理費(年間) 約5千円~1万円

樹木葬

樹木葬

樹木葬は、墓石の代わりに樹木を植えるお墓の事をいいます。

最近では、自然を好む方が多く利用されているお墓で、樹木の代わりに草花などを墓標とされている方もいます。
また、樹木葬では、墓標となる樹木の事をシンボルツリーといいます。

樹木葬のほとんどは、永代供養で、一代限りのお墓となり、宗派・宗教を問わない霊園・寺院が多いです。
永代供養については、こちら

そのため、基本的に親族への引き継ぎなどはされていないのが一般的です。

霊園の種類

霊園タイプ

霊園タイプの樹木葬とは、一般の墓地と同じく区画が整地された樹木葬を言います。
アクセスのよい場所にも多く、通いやすいのも一つの特徴です。

里山タイプ

里山タイプの樹木葬は、里山のように、区画の整理を最小限にし、
自然な状態のタイプの樹木葬の事を言います


広い土地が必要なため、郊外に多くアクセスが良くない点もあります。

樹木葬の埋葬方法

樹木葬でも埋葬方法には次のようなものがあります。

合祀型

合祀型とは、シンボルとなる大きな樹木の元に他の方の遺骨と一緒に埋葬するタイプの樹木葬を言います。
合祀をする際は、遺骨を粉骨してから埋葬します。
他人の遺骨と一緒になるため、あとから遺骨を取り出すことはできません。

集合型

集合とは、合祀と同じで、シンボルとなる大きな樹木の元に他の方の遺骨と一緒に埋葬するタイプの樹木葬を言います。
合祀と異なるのは、個別の区画に遺骨を骨壺や骨袋などに入った状態で埋葬するので、他人の遺骨と一緒にはなりません。
なので、遺骨を後から取り出すことも可能です。

個別型

個別とは、故人ごとに1本の樹木を用意し、その下に遺骨を埋葬する樹木葬を言います。世帯ごとに個別に区画が用意されている点が特徴です。

メリット・デメリット

樹木墓のメリットデメリットをお伝えします。

メリット

・費用が安い。
・継承が不要なので、継承の心配をしなくていい。
・自然に還ることができる

デメリット

・承継できるお墓がほとんどない
・合祀墓や散骨と比較して費用が高い傾向がある
・樹木が枯れる可能性もある

樹木は、霊園や寺院などによって、管理されていることが多いため、基本的に、枯れるようなことはありませんが、自然のものなので、どれだけ大切にしていても枯れてしまう場合もございます。

費用

合祀型タイプ約5万円~20万円
集合型タイプ約15万円~60万円
個別型タイプ約20万円~80万円

樹木墓には、それぞれ種類があり、他の方の遺骨と一緒に埋葬をする「合祀タイプ」、他の方の遺骨とは別々に埋葬するが、同じ樹木のもとで供養される「個別埋葬タイプ」、一本の樹木を故人のためだけに利用する「一本樹木独占タイプ」があります。

納骨堂

納骨堂

納骨堂とは、遺骨を納めるための納骨スぺ―スのある施設のこといいます。
元々は遺骨を一時的に納める施設でしたが、今では恒久的に遺骨を祭祀する施設ともなっています。

納骨堂は、墓地用地が不足している都心部で増加している傾向にあります。
背景としては、少子高齢化・核家族化・都会での人口集中などによって、田舎でお墓を管理していくことが困難であり、また家単位でお墓を承継していくのではなく、個人など少人数単位でのお墓の方が、予算も少なく承継者の事を心配しなくていいという利用しやすい点があります。

さらに仕事の転勤、家庭の事情、グローバル化によって、同じ土地に住み続けれない方が増えてきているのも、納骨堂が増加している理由とも言えます。

納骨堂の種類

納骨堂には、さまざまな種類があります。大きく分けて次のような種類があります。

1.仏壇型

納骨堂 仏壇

仏壇型の納骨堂とは、仏壇タイプの納骨壇が横並びになっているもので、扉が上下二段に分かれており、上段には位牌を安置する仏壇などを置くスペースがあり、下段は納骨スペースとなっております。上段の利用に制約がないところが多く、お花などを添えられるなど、個性的な利用ができるのも魅力です。

また、仏壇の前で手を合わせられるのも魅力の一つです。

他の納骨堂のタイプより比較的、価格は高めです。

2.ロッカー型

納骨堂

コインロッカーのような扉のついた納骨スペースに骨壺を納めるタイプの納骨堂です。
花などを供える簡易スペースを設けているものもあれば、共有の礼拝スペースに遺骨を置いて手を合わせるタイプのものもあります。

コインロッカーのようなデザインのため、味気ない見た目のために、心理的に抵抗を感じる方も多いです。

3.自動搬送型

自動搬送型の納骨堂とは、立体駐車場などのシステムを応用して、ICカードをかざすことで、普段はバックヤード保管されている骨壺が、自動的に参拝スペースへ運搬されるシステムをもった納骨堂の事をいいます。
参拝スペースには共用の墓碑が据え付けられているので、一般的な墓石に向かってお墓参りをしているような感覚で参拝できるのも特徴です。

ビル全体が納骨堂となっており、狭いスペースでも多くの遺骨を納骨できるため、駅から近いビルなどに建設されていることが多く、24時間いつでもお参りできる所もあります。

「ビル型納骨堂」「マンション型納骨堂」「自動搬送式納骨堂」などとも呼ばれています。

4.位牌型

位牌型の納骨堂とは、ひな壇上の棚に遺骨や位牌を並べ、共用の礼拝スペースやご本尊を礼拝する納骨堂の事をいいます。

一般的には、遺骨は位牌とは別の場所で一カ所まとめて保管されるものが多いですが、位牌とともに遺骨を置けるものもあります。

他の方の位牌と並ぶので、大きさや種類などを統一するために、新たに位牌を作る必要もあります。

仏壇型やロッカー型のような場所をとらないため、納骨堂としては最も安価なタイプでしょう。

メリット・デメリット

納骨堂のメリット・デメリットとしては、次のようなものがあげられます。

メリット

・一般墓と比べて料金が安い
・施設内に遺骨を納める納骨堂は天候に左右されない
・空調が効いた室内でお参りできる
・自分たちで掃除する必要がない
・都心などアクセスのよい場所にも施設がある
・承継者が不要

デメリット

・利用期間経過後は、他の遺骨と一緒に合祀される
・納骨スペースに制限がある
・お墓参りの際に線香をたけない

費用

納骨堂の費用相場は次の通りです。

ロッカー型約10~30万円
仏壇型約20~40万円
自動搬送型約50~100万円
墓石型約80~130万円
位牌型約5~10万円

 

手元供養

手元供養

手元供養とは、自宅で遺骨や遺灰を保管し供養する方法をいいます。
自宅供養とも言われます。

手元供養は、「故人とのつながりを感じておきたい。」「見守っていて欲しい。」など、日頃から故人の事を身近に想える手段として利用されています。
また、お墓が遠いなど供養の負担を軽くするためや、都心のためお墓を置く墓地がない、お墓を閉める必要があるなどお墓を置くことができない場合に、利用されることもあります。

供養方法

手元供養の方法としては、大きく分けて次の2通りです。

供養方法

①「全骨安置」
…全部の遺骨や遺灰を自宅で供養する方法

②「分骨安置」
…一部の遺骨や遺灰を自宅で供養し、残りは墓地や寺院へ納骨する方法

また、手元供養を行うタイミングは、次の2通りです。

手元供養のタイミング

・火葬するまでのタイミング
・お墓などの納骨後のタイミング

自宅にある遺骨をどこかに納骨する場合は、分骨証明書が必要となってきます。ですので、手元供養をする際は、分骨証明書を発行しておくことがおすすめです。

分骨証明書は、火葬までの間に発行するなら葬儀会社か火葬場に相談し、納骨後に分骨する際は、納骨している墓地などの管理者に相談しましょう。

手元供養の種類

手元供養の種類には、次の方法があります。

手元供養の種類

・遺骨をそのまま骨壺やアクセサリーに納める方法
・遺骨そのものを加工してアクセサリーにする方法

アクセサリーには、ペンダント、リング、ブレスレット、ブローチ、ステージなど様々な種類のものがあります。

遺骨・遺灰を置く場所は?

自宅に仏壇がある場合は、遺骨を仏壇に納めることが多いですが、仏壇がない場合に、手元供養で保管をされる方法は、様々で、リビングや寝室の一室に「ミニ仏壇」や「飾り台」に遺骨を置かれる方法や、そのような「ミニ仏壇」や「飾り台」も使わずに、骨壺、骨箱などで保管される方もいます。

メリット・デメリット

手元供養のメリット・デメリットととしては、次のようなものがあげられます。

メリット

・常に故人のことを身近に感じることができる
・遠方へ出向くことなく身近で供養ができる
・お墓を建てなければ、費用を抑えることができる

デメリット

・紛失する恐れがある
・親族から受け入れてもらえない可能性がある

費用

手元供養をする際にかかってくる費用の種類としては次のようなものがございます。

手元供養で必要な費用

・骨壺、アクセサリーなどの費用
…1000円~数百万円

・粉骨費用
…0円~1万円

・分骨費用
…3万円~5万円

骨壺やアクセサリーなどは、選ばれる様式、素材、デザイン性などによって大きく異なりますが、一般的な相場は次のようになっております。

骨壺(シンプルなもの)1000円前後
骨壺(デザイン性のあるもの)1万円~
アクセサリー2万円~5万円

選ばれる素材が、プラチナ、チタン、ダイアモンドなどの場合は、数十万円、数百万円する場合もございます。

また手元供養をする際に、遺骨を粉骨する必要があるのであれば、粉骨作業も必要です。
粉骨は業者にしてもらう必要は無いので、自分ですれば費用がかからずにすみます。
また墓地などにある遺骨を分骨した後、手元供養するのであれば、墓石を動かす必要があるので、その費用として、お布施代をあわせて4万円~6万円ほどが一般的です。

散骨

散骨

『散骨』とは、遺骨を粉骨し、海や山などにまいて自然に帰す供養の方法をいいます。

故人が海や山などの自然が好きな場合や、生前に散骨して欲しいという希望があった場合などに、選択される供養方法です。

散骨方法の種類

散骨をする方法は色々あります。

海洋散骨

海洋散骨とは、海の沖合にて散骨をする散骨方法です。
もちろん、沖合まででなくとも問題ありませんが、海水浴場や漁場、養殖場などの公の場所で散骨をするのは、迷惑をかける可能性もありますので、散骨場所には、十分に注意をしましょう。
沖合まで出る方法は、数家族が合同で船をチャーターする方法や、散骨業者に依頼して散骨をする方法など様々あります。

山散骨

山散骨は、山で散骨する方法です。
他人の山に無許可で散骨することはできません。山散骨をする場合は、その山は誰が所有しているのかをおさえておくことが重要です。
都心部の方などは、散骨業者などに依頼するのも一つの方法です。

山散骨の注意点は次の通りです。
・土の中に埋葬しない、土をかぶせない(墓地埋葬法と抵触)
・水源地近くで散骨しない
・各自治体の条例を確認する
・山火事にならないように線香などを使用しない。

空葬散骨

空葬散骨とは、ヘリコプターやセスナ機などで空から海に遺灰をまく散骨方法です。
故人の故郷や自宅の上空などを経由した後に、海の上空にて散骨することもあります。

宇宙散骨

宇宙で散骨する方法です。
遺灰を専用カプセルに入れて、人工衛星打ち上げ用のロケットで宇宙まで打ち上げします。

海外散骨

海外において散骨する方法です。
最も人気なのは、ハワイでの散骨です。海外の法律や規制は、日本と異なりますので、散骨できるかどうかを事前に確認しておきましょう。

散骨するうえで必要な手続き

散骨をするうえで、特別な許可、届出は必要ありません。
厚生省が「墓地、埋葬等に関する法律」について、節度を守った散骨であれば、問題ないと発表しています。
但し、粉骨しない状態でまくと、「死体遺棄罪」に問われる可能性もあるので、しっかりと粉骨をしておきましょう。

メリット・デメリット

メリット

◎自然に還るイメージがある。
◎環境にやさしいイメージがある。
◎墓を建てるのに比べて費用が比較的安価。
◎継承問題を考えなくていい
◎届出等必要がない

デメリット

・存在を忘れ去られてしまう可能性がある。
・遺された人が手を合わせる場所がない。
・遺された人の間でトラブルの種になる可能性がある。

費用

散骨をする際に必要となる費用の相場は次の通りです。

散骨費用相場

・海散骨:10万円前後
・山散骨:10万円前後
・空葬散骨:10万円前後
・宇宙散骨:250万円前後
・海外散骨:15万円前後
※別途、渡航費、宿泊費が必要になります。

お墓に入る人の範囲

供養方法の種類をお伝えしましたが、お墓への入り方にはどのようなパターンがあるのでしょうか?

家族墓(累代墓)

墓石に「〇〇家代々之墓」、「南無阿弥陀仏」と彫られた、家単位のお墓で、代々承継していくことを前提にした、一般的なお墓です。
棹石の側面、裏面、又は墓誌に故人の戒名や法名、俗名が彫刻されます。
根強い人気のお墓ですが、跡継ぎを必要とするため、跡継ぎを必要としない永代供養墓などを選ばれる方も増えてきています。

両家墓

両家墓とは、姓の異なる親族が墓石に「〇〇家、△△家」と彫り、お墓を一つにまとめて祀るお墓です。
一人っ子同士の結婚など、両家のお墓をそれぞれが引き継いでいく必要がある際に選ばれるお墓です。
1区画に二つ石碑を建てる両家墓もありますが、一つの墓石に「〇〇家、△△家」と2つの家の姓を彫る両家墓が多いです。

個人墓

個人墓とは、その名の通り、一人だけを埋葬するお墓です。
家族墓と同じ区域に並べて建てる場合と、全く別の場所に建てる方法があります。
代々承継していくことを前提としない、永代供養墓で利用されることが多いです。

夫婦墓

夫婦墓は、夫婦単位で一つのお墓です。
子供がいない場合、このお墓を選ぶことが多く、墓石には二人の戒名や法名、俗名を刻みます。こちらも、永代供養墓で利用されることが多いです。

共同墓

共同墓とは家族や親族ではなく、友人同士や同じ信仰を持つ人を一緒に埋葬するお墓のことをいいます。個人墓、夫婦墓と同じように、永代供養墓で利用されることが多いです。

合祀墓

合祀墓とは、故人の遺骨を骨壺で埋葬するのではなく、他の人と一緒に土の上で埋葬するお墓です。こちらも、永代供養墓で利用されることが多いです。

運営についての違い

お墓をどこが運営するかで、費用やサービス内容が大きく変わってきます。
それぞれの違いについて説明します。

運営団体

運営団体には、大きく次のような団体があります。

運営団体の種類

「寺院納骨堂」…お寺が運営
「民営納骨堂」…宗教法人、社団法人などが運営
「公営納骨堂」…都道府県や市町村などの自治体が運営

「寺院納骨堂」

お寺が運営や管理を行っている納骨堂です。
お寺が運営していますが、一般的なお墓とは違い、宗派を問わず利用できるお寺が多く、基本的には檀家になる必要もありません。
お寺が運営しているので、永代供養や、法要などの行事をする場合、安心感はあります。
また、檀家でないため、お布施や寄付金も必要ありません。

「民営納骨堂」

宗教法人や社団法人、財団法人などが運営している納骨堂です。
宗教法人が運営していても、宗教や宗派などを問わないのが、一般的です。
公営納骨堂に比べると使用料は割高ですが、民営ならではのサービスもあり、独自の内装や設備を設けているところが多くあります。

「公営納骨堂」

都道府県や市町村町などの自治体が運営している納骨堂です。
「寺院納骨堂」や「民営納骨堂」と比べると、比較的安い価格が特徴です。
そのため、人気が多く利用を希望する方が多いですが、利用をするにも、自治体が決めている要件を満たす必要があり、要件を満たしていない場合、利用することができず、また要件を満たしていたとしても、利用希望者が多いため、利用できないケースもあります。

まとめ

お墓の種類、それぞれ特徴をお伝えさせて頂きました。供養の方法も幅広くなったので、どのような供養方法を行うかも生前対策では、大事な内容です。

どのような供養を行うかも含めて生前対策の相談をされたい方は、幸せ家族相続センターへご相談下さい。

 

相続でお悩みの方は

幸せ家族相続センターへご相談下さい。

 

初回相談無料!

メールでお問い合わせ